読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nana's Blog Tokyo - 20代後半の女@東京に起こる全てのこと

外資系企業@東京に勤める20代後半の女が日々の生活を綴るブログ。お酒と美味しい物、アウトドア、ゴールドジムについて書きます。

日本が日本を美化するテレビ番組が多い気がする...考えすぎかな

考えすぎでしょうか?

 

今更かもしれませんが、日本が日本を美化するテレビ番組が多すぎやしませんか?

 

海外から旅行に来た人や、海外から日本に移住した人などをインタビューし、日本の技術や知恵が詰まった製品・サービスなどを見せて感想(だいたい褒めてくれる)を言ってもらう感じの番組。

 

私もこの番組おもしろいなって思って観ることもあったし、「へ~、これを初めて見た・使った人は、こういう感想を抱くんだ!」という発見をもらったこともある。意外な来日の理由を知って、感動をもらったこともある。

 

でも(ネットではすでに議論が起こっているけど)、どうしても「私たちってすごい!日本ってすごいでしょ!」と、美化しすぎている番組が多いように感じてしまうのです。

 

==== 

 

 

最初は「なんだろう、この番組を観ているときのもやもや感は・・・」と、何が原因でもやもやしてしまうのか分からなかった。でも気付いてからは、どうしてもそういう番組を観なくなってしまいました・・・。

 

「いやいや、なら観なきゃいいじゃん」と言われればそれまでなのだが、このまま日本がガラパゴス化して、井の中の蛙になってしまうのが怖すぎる。

 

「自分の国に自信を持つ」「日本はまだまだいける!」と国民を思わせるための、元気づける番組なのかもしれないけど。

 

そんな番組なくても自分の国のいいところくらい、みんなわかるはず!

 

と、同じ意見の人がいるんじゃないかと思ってググってみたら、どうやらホリエモンが過去に(ちょっと違うけど)日本は日本を美化しすぎ、という趣旨の発言をしていたという記事を発見。

 

ツイッターをのぞいたら・・・

 普通の発言してた。なんかほっこり。

 

そんでもってプロフィールの画像がライザップ仕様だった。ついにホリエモンもライザップか・・・

weblog.horiemon.com

 

あれ、何の話してたんだっけ?

 

終わり

 

 

 

s://twitter.com/takapon_jp?lang=ja